■チェン・ジャンホンさんの絵本

Chen Jiang Hong 陳江洪。1963年中国生まれ。画家、絵本作家。北京の美術学校に学び、1987年パリに移住。フランス国内外で作品展をひらいている。本書『ウェン王子とトラ』で2005年にドイツ児童図書賞受賞。
(『ウェン王子とトラ』徳間書店 表紙カバー裏著者紹介参照)

『ウェン王子とトラ』*洋書

 

『ウェン王子とトラ』徳間書店

『ウェン王子とトラ』
チェン・ジャンホン作・絵
平岡敦訳
徳間書店
2005年

子を殺された母トラと、いけにえにさしだされたウェン王子の魂の交流を描いた、美しい大型絵本。墨絵の映画を見ているよう。

 ←楽天ブックス

昔、深い森の奥に、トラのおかあさんが住んでいました。人間の猟師に子どもたちを殺されて、人間を憎み、村をおそうようになりました。兵を集めた王は、トラ狩りがうまくいくかどうか、占い師にたずねました。占い師の答えは、兵を出す代わりに、王さまの息子のウェン王子を、いけにえとして森へさしだすというものでした。
「王さま、ご心配はいりません。王子さまが危ないめにあうことは、けっしてないでしょう」
王さまとお后さまは悲しみましたが、ウェン王子はこわがってはいませんでした。やがて一人で森にわけいったウェン王子に、トラは飛びかかろうとしましたが・・・。

 中国の伝統的水墨画の手法を用いられた、美しい迫力の大型絵本。奥深い森やトラを大胆な筆さばきで描いた静かで力強い場面も、あまたの兵士たちを描いた細やかな輪郭の美しい場面も、墨黒の魅力と印象的な色の魅力が際立っていて、圧されます。小さなウェン王子に、王子が口に入るほど大きなトラ、そして彼らを静かに包み込む大きな森や、彼らを取り囲む兵士たちが、コマわりされた画面の中で、それぞれの場面に応じてアップや遠景で効果的に描かれていて、まるで映画を見ているよう。ページを繰るほどに、いつしか墨の影にひきこまれ、色の炎にあぶられているような、ずっしりとした読み応えと、静かな余韻が残っていました。

言葉をしゃべらないけもののトラの瞳やしぐさが、言葉よりも直接響いてきて、胸を打たれました。トラやウェン王子の見開かれた瞳も印象的で、流れるようなコマの中に、忘れられない場面がいくつも出てきました。
トラと人の底に同じにあふれる心情を、それぞれに誇り高く描いた、美しい墨の絵本。最後の解説も深い余韻。大型の表紙と裏表紙が、広げると一枚の絵になっているところも嬉しくて、屏風のように飾っておきたくなりました。

原書は、『LE PRINCE TIGRE』 2005 L'Ecole des Loisirs ,Paris、アマゾンフランスでは≫こちらと思われます。

▲上へ

 

洋書

Little Eagle
(ハードカバー)

Enchanted Lion Books
(2007/10/16)

The Legend 
of the Kite:
A Story of China
(Make Friends
Around the World)
(ペーパーバック)

Soundprints;
1版 (1999/11)

 

I Will Make Miracles
(ハードカバー)

 Bloomsbury USA
(2008/3/4)

 

▲上へ

 

この記事へのコメントを読む*書く
(この記事へ戻るには、ブラウザの戻る、をクリックしてくださいね)

▲上へ

チェン・ジャンホンさんの絵本
「た」の絵本箱へ

くどー★La★ちぇこさんの絵本箱へ

HOMEへ
くどー★La★ちぇこさんの絵本日記HOMEへ


Copyright (c)2005-2008 kudolacieko All Rights Reserved