■ジスン・リーさんの絵本
Jisun Lee 韓国生まれ。ブライトン大学にてマスターを取得。ロンドンを拠点に、イラストレーターや絵本作家として活動。韓国の出版社の絵本も手がける。ボローニャ国際児童図書展入選など受賞多数。
『くろいライオン』(スカイフィッシュ・グラフィックス)著者紹介 より
『くろいライオン』

 

『くろいライオン』スカイフィッシュ・グラフィックス

『くろいライオン』
ジスン・リー作
スカイフィッシュ・グラフィックス
2008年

繊細な絵と切ない物語がとけあった、甘酸っぱくてお洒落な絵本。
赤いしましまのマフラーの女の子の小ささや、すみずみまで眺められる不思議の世界も印象的。
とりわけ表紙が大好きです。

『くろいライオン』 ←ビーケーワン

繊細な絵と、哀愁漂うくろいライオンの背中にひとめぼれして購入した絵本。
表紙が、絵の額の窓あきになっているところも、凝っている印象。片隅で絵を眺めている小さな女の子と、絵の中のライオンとのわずかな距離が・・・表紙の紙の厚みの分だけなのですが・・・なんだか不思議なへだたりを生み出しているような、そんな感じがするのです。何だか表紙を開かずにはいられないような、女の子もくろいライオンもほうっておけないような、気になってどきどきする感じ・・・。

女の子の姿は、いつも小さく描かれています。その繊細な小ささと、赤いしましまのマフラーの存在感が、不思議なミニチュアのような街の光景にとけこんで、なんだかふわふわ心地よい浮遊感。
ティーポットも糸巻きも、この方の手にかかると、こんな風に不思議の一部になるんだなあ・・・と、思いました。
少し切ない物語も、心地よい余韻。

ところで、スカイフィッシュ・グラフィックス・・・といえば、飾って絵になるおしゃれな絵本ぞろいで、なにやら気になる出版社さま。ところが、どういうわけか、なかなか図書館でお目にかかりにくかったりするのです。なんでだろ?

『Time is art 2 indigo』  ←赤崎チカ著 『Time is art 2 indigo』 (←ビーケーワン)、ベアトリーチェ・アレマーニャ絵と文 『カール・イプー』(←ビーケーワン、画像がない!)、エミリー・ヴァスト著 『Korokoro』(←楽天ブックス、こっちも画像がない・・・とっても気になるハリネズミじゃばら絵本のよう) などなど、いっぱい!


この記事へのコメントを読む*書く
(この記事へ戻るには、ブラウザの戻る、をクリックしてくださいね)

▲上へ

ジスン・リーさんの絵本
「さ」の絵本箱へ

くどー★La★ちぇこさんの絵本箱へ

HOMEへ
くどー★La★ちぇこさんの絵本日記HOMEへ


Copyright (c)2005-2008 kudolacieko All Rights Reserved