『冬の王さま シェイプブック』燦葉出版社

『冬の王さま』燦葉出版社

『冬の王さま 
シェイプブック』


田中真理子
訳 
松本富士男
監修・解説 
燦葉(さんよう)
出版社

150年にハンブルクで発行された小さな絵本。
サンタクロースの原形の一つでもある、「冬じいさん」の最初期の物語。
絵本の前半には、冬を擬人化した「冬の王さま」「霜爺ジャック」の物語が、クラシカルでかっちりとした絵とともにおさめられ、後半には、その解説「冬の王さまとサンタクロース現象」と、エッセイ「サンタクロース・エイジ」がおさめられています。
150年前の素朴でゆっくりとした世界に、サンタクロースを信じていた子どものあの頃に、この小さな絵本といっしょに戻ってみませんか。

オンライン書店ビーケーワン:冬の王さま

150年前にハンブルクで発行された、「サンタクロース」の原形のひとつである「冬じいさん」の最初期の物語。
シェイプブック」とよばれているこの絵本(原書)は、表と裏とに人物が切り抜かれた形になっているそうです。
「クリスマス・ツリーにつりさげる靴下に、プレゼントと共に、忍ばせる工夫をこらしたに違いありません」
と、解説で説明してくださっています。
なんて粋な絵本だったのでしょう!

日本語版は四角くて、およそ縦19センチ×横11センチの、細長いこぶりの愛らしい絵本。
厳しい冬を擬人化したともいえる、冬の王さまとそのしもべ霜爺ジャックのお話が前半に、そのくわしい解説が後半におさめられています。
前半のお話に添えられたかっちりとした小さなイラストは、クラシカルな線画にセピア調の落ち着いた色彩が施され、陰影も背景も、当時の人々の暮らしぶりや自然観も、きっちりと描きこんだ誠実な美しさ。

霜爺ジャックは冬の王さまの忠実な家来。
いっしょうけんめいつかえてる。
ラズベリー色の赤い花。
雪のような白いひげ。

王さまのお気に召す鏡は、霜爺ジャックにしかつくれない。
川や湖を見事な氷の鏡に変えて、
木の枝を虹色のつららで光らせて、
家の窓を氷の花でかざります。

王さまは霜爺ジャックに命じます。
「父さんや母さんのところにいって聞いてきてはくれまいか。
『子どもたちはこの一年よいこにしていたか』ということを。」
よい子には王さまからプレゼントの飾られたツリーを。
悪い子には女王さまから細いむちを。
・・・

冬の厳しさ美しさを子どもたちにやさしく伝える150年前の絵本を、海も時もこえて、心に残る解説とともに、今遠い日本で読めるなんて幸せですよね。地味ですが、愛しい絵本。

▲上へ

冬の王さま
「は」の絵本箱へ

くどー★La★ちぇこさんの絵本箱へ

HOMEへ
くどー★La★ちぇこさんの絵本日記HOMEへ

Copyright (c)2005-2007 kudolacieko All Rights Reserved