■ぺク・ヒナさんの絵本
Beak Hee-Na 1971年ソウル市生まれ。梨花女子大で教育工学を学ぶ。『ふわふわくもパン』の原画で2005年ボローニャ国際絵本原画展入選。
『ふわふわクモパン』

 
『ふわふわくもパン』小学館

『ふわふわくもパン』
文と絵ペク・ヒナ
写真キム・ヒャンス
共訳星あキラ
キム・ヨンジョン
小学館
2006年

ママの手作りのふわふわくもパンをたべた、勇敢なわたしとおとうとの物語。
夢と現実のはざまにゆれる、不思議な質感と浮遊感を持つ版立体の写真絵が、いつまでもながめていたいなつかしさ。
家族思いのねこの一家のぬくもりが、ふわふわ心を満たします。

楽天ブックス

雨の日のあさ、レーンコートをきて外に出たわたしとおとうとは、木のえだにひっかかっている小さなくもを見つけました。そうっとママに持っていくと、ママがミルクとイーストとしおとさとうをこねこねまぜて、まるめてオーブンにいれてくれました。
45分たって焼きあがったおいしいくもパンをたべると、あらあらふしぎ、ふわりと、うかびあがったのです。
パンも待てずあさごはんもたべないで会社に飛び出したパパのために、わたしとおとうとは、パンを持って窓から空へ飛び上がりました。
・・・

夢がふわふわいっぱいふくらむ、可愛くて楽しい写真絵本。切り抜かれたイラストや小物を用いた半立体の絵本で、どこかなつかしい部屋のたたずまいや、写真ならではの遠近感やリアルな光と影に、不思議な浮遊感覚が楽しめる新鮮な作品です。いったい、どうやって撮影がなされたのかしら。
眺めていると、本当に、窓の外に雨が降っているような、風の中にくもパンが舞っているような不思議な気持ちに包まれます。
韓国の絵本だそうですが、トタン屋根やアンテナにそこはかとない哀愁を感じたり、どこの国のおとうさんも同じだなあとほほえましく思ったり。

韓国からふわふわ飛んできた香ばしい絵本。2005年ボローニャ国際絵本原画展入選作品。
Cloud Bread 初版は、2004年。

▲上へ

ペク・ヒナさんの絵本
「は」の絵本箱へ

くどー★La★ちぇこさんの絵本箱へ

HOMEへ
くどー★La★ちぇこさんの絵本日記HOMEへ


Copyright (c)2005-2007 kudolacieko All Rights Reserved